2015年8月14日(金) 5年振り息子参戦!

久し振りに息子と二人で山行き。

自動車学校とトロンボーン合宿の谷間で、たまたま身体が空いていたようです。

息子とはこの記事以来なので、5年振りということになる。

場所は以前Danjiriguyさんに教えてもらった場所ですが、ここの木はほとんど電柱クヌギで、しかも樹液の出が高い位置にあり、目の悪い私では発見すら出来ません。

ですから、よい写真を撮ることもできず、仕方なく敬遠していたのですが、背の高い息子を頼りに出かけたのでした。




高すぎて、そのままキレイにめくれも残っており、全体としてはとてもイイ感じ。




と、息子でもこんなカンジです。


諸先輩方も手出しできないのか、幹の頃程良い辺りに猪の擦り跡のような「ケリ跡」がついており、それを目印に我ら親子も蹴っていきます。





「お、なんかおる」と息子に言われても、親父の視力では認識できません。

息子が網ではたき落としたりして、小振りながらノコほ3ペアほど確認いたしました。




私より13pも高いので、頭上の隙間にも手が届き<どんどん出してくれますが、コクワばかりです。





暑くなってきたので、標高を上げて向かった2番目の場所では予想外のボウズを喰らい、様子を確認がてら行った3カ所目で、ノコやミヤマを確認出来ました。




ノコ♀お見合い写真




頭だけ隙間に突っ込んで隠れたつもりになっているミヤマの♀(巨大)


この林でクロカナブンを捕獲。

会社の同僚のために、テイクアウト。

こいつがたぶん今期最初で最後のお持ち帰りとなるでしょう。






幾度となく山に行きますが、やっぱり息子と一緒に行くのが一番楽しいですね。


野球をする方の、息子とのキャッチボールに相当するのが我ら親子の「虫採り」だと思います。

Danjiriguyさんありがとうございました。