昆虫採集に行こう!   伊丹樹液倶楽部 公園と樹液情報 
28-050  千刈貯水池公園


アカタテハです

映画業界から始まったGWですが、なんと今年は見たいと思わせてくれる作品が1本もやってませんでしたねえ。
というワケでもないのですが、前半はHPの修正作業をしてなんとか完了にこぎ着けました。
おかげで、目はしょぼしょぼで、しばらく回復しませんでした。

で、晴天続きの後半、5/5(日)久しぶりにエイプ100でお出かけ。

以前から気になっていた異音は、どうもタンク下から発生しているようです。
タンク下にあるとすればイグニッションやウインカーなどの電装部品と思われ、
確認のためシートとタンクをバラしてみると、やっぱりメインフレームに固定のウインカーリレーから出る「ジー音」でした。

「ジー音は」リレーそのものの不良かバッテリーのへたりか、どっちかが原因と思われます。
とりあえずサビていた接点をペーパーで磨いて元通りに復帰しましたが、直らず。

半日程、三田方面を走ってたぶんバッテリーは充電されたと思うのですが、それでも直らず。
やっぱりリレーそのものかいな。

てな調子でエイプで新規公園開拓にでかけたので、紹介します。
(長い前置きで申し訳ありません)

千刈貯水池公園です。

結果的には外れでした。

Googleマップでは「公園」という表記でしたので、行ってみると神戸の管理する浄水場内にあり、
普段は入れないようになっており、桜の季節だけ一般開放されている様です。

しかし、まあなんです、気持ちの良い場所ではあるので、とりあえず紹介いたします。


ここにいたる道筋として、玉瀬の「希望の家」方面から川下川沿いに南下して、川下川ダム西側周回路を経て、一旦武庫川に出ました。

この道沿いもなかなか雰囲気良いのですが、詳細は以前の記録にも書きましたので割愛し、写真だけ数点貼ります。









川下川ダムの東側周回路は以前は入れたのですが、新名神の工事とともに今は立ち入り禁止となっており、残念




藤の花が満開でした。




途中フェンスの切れ目があったので、覗いてみました。




これはなんでしょうか。
工事用の仮設道路を山に戻そうとしているのでしょうか?
明らかに植栽されています。




ダムの堤体です。
石ころを積み上げていますので、所謂ロックフィル式て やつですね。




途中、武庫川沿いの道路上でスズメバチがたむろしている場所がありました。
巣があるのかもしれません。
走っていると突然メットのシールドにボコボコぶつかってきました。
バイクなので振り切りましたが、徒歩の方はご用心を。




ちょっと横道にそれかけましたが、ご覧の通り倒木で断念。




到着した千刈貯水池公園
なかなか古そうな門柱ですが、施錠されていました。




この門前に3~40台はOKの駐車場(無料)があります。




しかたがないので、右手に回り込み散歩です。




ええ感じの小道が続いており




途中、施設内のトイレへの入り口がありました。




この辺の河床は岩盤のようです。




施設の横をずんずん進むと




やがて千刈ダムが見えてきます。




丁度放水中で、水音も谷に響き渡り、気持ち良かったです。

歴史を感じさせるレトロで重厚な作りで、景観にも溶けこんでいます。

昆虫採集の公園としてはハズレでしたが、息抜きにはいい場所です。




コミスジ  〈見分方〉ハッキリした三角形頭のローソクのような模様があるとコミスジです




この季節よく見かけますね。ベニカミキリ


 このページのトップへ